小児皮膚科

年齢別によく見られる症状

熱を伴う発疹の場合は、先に小児科でご相談されることをおすすめします。
発疹が治らないなどの場合は当院にご来院ください。

0歳のお子様

乳児湿疹、脂漏性皮膚炎、アトピー

未就学児のお子様

とびひ、水いぼ、いぼ、水疱瘡、アトピー、伝染性紅斑(りんご病)

小学生以上のお子様

水いぼ、いぼ、アトピー、にきび、伝染性紅斑(りんご病)

保護者の方へ

お肌の弱いお子様は、お肌が乾燥しているケースが多いため、保湿をきちんとされることをおすすめします。それでも改善しないようであれば、どうして悪くなっているかの原因を見つけるためにも、当院までご相談ください。かゆみが強く出ている場合は、内服薬などを処方することもあります。

いつでも、なんでもご相談ください

どんな些細なことでも、お気軽にお問い合わせください。

  • common_tel.png
  • 院内・院外から待ち状況を確認できます 順番待ちのご確認
  • Doctors File 布施恵理 院長Doctors File 布施恵理 院長
  • よくあるご質問よくあるご質問